ホームサービス紹介事例紹介企業情報ニュースリリース採用情報
サービス紹介
ホーム > サービス紹介 > 臨床研究・治験支援システム

臨床研究・治験支援システム/クラウドサービス「CT-Portal」

本システムの主な特徴

1.申請書などの委員会の審議に必要な書類を簡単に作成することができる。 CT-Portalでは、予め登録しておいた情報(研究基本情報や過去の登録した申請情報)を利用して、新しい申請情報を登録、必要な申請書類を作成することができます。その結果、研究者は、煩わしい申請手続きを必要最小限の時間で済ませることができます。

2.事務局は、申請情報を効率的に管理することができ、事務手続きが簡単になる。 CT-Portalでは、研究者からの申請書類が電子情報としても届くため、委員会向けの審議書類の作成(申請一覧表の出力,議事次第の作成など)、委員会後の事後業務(議事録の作成、通知書の発行など)を最小限の労力と時間で実施できます。また、申請情報が委員会毎に管理されるため、研究者・委員からの問い合わせにもタイムリーに対応することができます。

3.審査委員は、事前に申請情報を確認でき、余裕をもって委員会に参加できる。 委員会事務局によって受理された申請情報(申請書類等)は、リアルタイムに審査委員に共有されます。通常、委員会事務局が申請書類の受理を締め切り、取りまとめたものを送付、それらを審査委員が受領した段階で、申請書類の内容を確認することができますが、CT-Portalでは、事前に申請情報を参照でき、十分な確認を行うことができます。

システムの概念図 利用者の主なメリット
・研究情報や申請情報を一元管理できる
・他施設の研究者と情報共有できる
・倫理委員会、IRBへの申請手続きが簡単にできる
・業績情報を自身で管理でき、必要な時に自由に利用できる
・事務局業務の労力を軽減できる
・研究者等からの申請情報を一元管理できる
・必要な書類(通知書)を簡単に作成できる
・委員会毎に必要な情報(審議結果、議事録等)を管理できる
・複数の委員会・事務局で共通したシステムを利用できる
・いつでもどこからでも申請情報を確認することができる
・紙の審査資料を持ち歩かなくてもよい
・不明な点があれば、申請者に直接問い合わせることができる
・委員会の時間を効率的に使うことができる
・過去の審議結果等が確認できる

[CT-Portal導入後]審査委員会への申請の手続き
[CT-Portal導入後]審査委員会前の手続き
[CT-Portal導入後]審査委員会後の手続き
画面イメージ(抜粋)
pagetop
プライバシーポリシーサイトマップ